養分のすけっちぶっく

養分を卒業したゆのっちがお届けするブログ 家スロとかお料理がメインになります。たまに稼働も・・・?

ケーキ

ども、魔界村お料理部の部長(自称)ゆのっちです
無題21




明日はバレンタイン!
それに先駆けて12日から仕込みまして、ケーキ作っちゃいました!
出来栄えはさておきとして、お付き合いください^^




【材料(18cm型)】
〇イチゴ      1パック
〇ココアパウダー
〇ノンウェットシュガー

~スポンジケーキ~
〇全卵       3個
〇薄力粉      70g
〇牛乳       15cc
〇バター      15g
◆チョコレート   30g
◆純ココア     15g
〇グラニュー糖   80g
〇バニラエッセンス 数滴

※コーヒースポンジは◆を濃いめのコーヒー30ccに置換、グラニュー糖と薄力粉を5gずつ増やします


~チョコクリーム~
〇チョコレート   80g
〇グラニュー糖   10g
〇動物性生クリーム 200cc
〇植物性生クリーム 60cc



【下準備】
・型にバターかサラダ油を塗って型紙を貼りつける
・オーブンを190℃で予熱する

~チョコレートスポンジ~
・薄力粉と純ココアを合わせて2~3回振るって均一に混ざり合わせる
・牛乳、バター、チョコレートを湯煎で溶かして40℃前後に保っておく

~コーヒースポンジ~
・濃いめのコーヒーを用意する
 (6~8gくらいのインスタントコーヒーを大さじ2の熱湯で溶かすと良い感じ)




【手順①】
・ボウルに卵を割り入れて、湯煎にかけながら溶きほぐす。
 40℃前後になったらグラニュー糖を入れてジャリジャリ感がなくなるまで混ぜる。

・グラニュー糖を入れた後、程よく温まったら湯煎から外して泡立てる。
 (5分くらい高速で泡立て、その後低速で5分泡立ててキメを整える)



【手順②】
・泡立った卵に振るい合わせた薄力粉、ココアを3回に分けて振るい入れる。
 底から全体をサックリすくうようにして全体に馴染ませます。
 (コーヒースポンジの場合は、薄力粉だけ入れてください。)



【手順③】
・粉類がしっかり全体に混ざったら、溶かしたチョコ(もしくはコーヒー)を入れる。
 一度、少量の生地とチョコを別の容器で混ぜてから入れると馴染みやすいです。



【手順④】
・予熱したオーブンで焼く。170℃30分が目安ですが、もう少し長くてもいいかもです。
 焼けたら高いところから落として、ひっくり返して型の上から濡れ布巾をかぶせて冷まします。

IMG_20180212_122217

焼き上がりは真ん中が盛り上がってますが、冷めれば平らになります。



【手順⑤】
・クリームを作る。まずはチョコを湯煎で溶かして、グラニュー糖を入れる。
1518502158389



【手順⑥】
・溶けたチョコレートに生クリームを少しずつ入れて混ぜる。
 チョコが固まるので全体がしっかり混ざるまでは湯煎にかけたままで大丈夫です。
 その後、氷水に当てながら泡立てていきます。(デコレーション用なので少し固めに泡立ててます)

1518502625633



【手順⑦】
・スポンジケーキをそれぞれ2枚に切る。
1518407839671


 1段目はチョコスポンジでそこにクリームを塗ります。
IMG_20180213_152321



【手順⑧】
・真ん中をくり抜いたコーヒースポンジを重ねる。
 くり抜いた部分に半分に切ったいちごを並べていきます。さらにその上にクリーム塗ります。
1518503467878



【手順⑨】
・チョコスポンジを重ねてさらにクリームを塗る。
 クリームを塗った後にいちごを敷き詰めて、その上にクリームを塗る。

1518503945137

IMG_20180213_154541




【手順⑩】
・真ん中をくり抜いたコーヒースポンジを重ねて、ココアパウダーを振るいかける。
 その後、いちごを盛り付けてパウダーシュガーを振るって完成です。

IMG_20180213_160343




側面に塗るクリームがなくなってしまったこと、ティラミス風にしようと思ったのにマスカルポーネチーズ買い忘れたのは内緒ですよ?←



まぁ、見た目はそんな綺麗じゃないけど味はおいしーのでセーフってことで!
1518511917892



まぁスポンジ2台焼かなきゃないのでそれは手間でしたが、それほど難しくもないですし原価も安いから手作りケーキはいいですね^^



相変わらずデコレーションセンスのなさが素人感丸出しなので勉強します←
無題 (2)




クリックお願いしますぅ...
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村

ども、ゆのっちです
無題26
  

もうすぐバレンタインですね~
みなさんはチョコもらう予定ありますか?


え?ないの!?
それってどんな気持ち?ねぇねぇ?
無題1




そんなゆの氏はというと・・・
まぁ、いつも通りケーキとかクッキー焼いてあげる側なのです('ω'*)

バレンタインにはもらわないけどホワイトデーでもらうのでセーフ←



ま、本心を話すとお菓子作るの好きだから別にお返しとか気を遣ってもらわなくてもいいんだけど...
1440x810x2ed20a5b8e99d937678c804

だって義理チョコとかってめんどくさいじゃないですか?
あげる側も気を遣うし、もらう側もお返ししなきゃないとかそんな建前だけのやり取りヤメたらいいのにね。

ワイドショーでも「ほんとはこの人にはあげたくないけど、仕方なくあげる」とか言ってる女性いたんだけど、あげなきゃいいじゃん。もらうほうも「どうせ義理だろ...」って察してるんだからさ。



・・・と、愚痴をこぼしてると収拾がつかなくなるので進めましょうか←

今回は、毎年作っているバレンタイン用チョコシフォンを少し改良してみたのでうpします。
シフォンケーキでありながらガトーショコラのようなしっとり濃厚な口当たりを目指しました^^



【材料(18cm型)】
〇チョコレート  50g
〇牛乳      60cc
〇サラダ油    30cc
〇薄力粉     40g
〇純ココア    20~25g
☆卵黄      4個分
☆グラニュー糖  40g
★卵白      4個分
★グラニュー糖  35g



大まかな材料はこんな感じです。
1516579941515


【下準備】
・薄力粉と純ココアはダマにならないように振るい合わせておく。
・卵白は泡立てるまでは冷蔵庫もしくは冷凍庫で冷やしておく。
・オーブンを170℃で予熱する。





【手順①】
・卵黄とグラニュー糖(40g)をジャリジャリ感がなくなるまで摺り混ぜる。
 その後、牛乳を3回くらいに分けて加えて混ぜしっかり馴染ませる。

1516580260334

冷たい牛乳よりは60℃前後に温めたものの方がいいです。
この後の手順でチョコレートを生地に混ぜるのですが、温度が低いと固まってしまいます。特に冬場は寒いので。

また、牛乳ではなく水でも構いません。そのかわり、水だと牛乳を使った時ほど重厚感はなくどちらかというとあっさりした軽めの仕上がりになります。
個人的にはプレーンは水でいいのですが、今回の様なチョコシフォンは牛乳をオススメしますね。





【手順②】
・チョコレートとサラダ油を同じボウルで湯煎にかけ、溶かし混ぜる。

1516580324824

チョコが完全に溶けてなめらかになれば大丈夫です。
卵黄生地が冷めちゃうので、出来ればこの工程は手順①と並行して進めたいですね。





【手順③】
・”手順①”の卵黄生地に溶かしたチョコレートを加えて混ぜます。
 しっかり混ぜ合わせたら、振るった薄力粉と純ココアを加えてダマがなくなるまで混ぜます。

1516580403068


1516580429547


1516580499167

ここまではサクサク進められると思います。問題はこのあと。
メレンゲを泡立てるのですが、この間に生地が冷めると固まってしまうので時間がかかるようであれば湯煎にかけて40~50℃前後に温めましょう。





【手順④】
・卵白を泡立ててメレンゲを作る。
 ハンドミキサーにハネがついたら2回に分けてグラニュー糖(35g)を入れる。
 (中速→グラニュー糖を加えたら高速→最後に低速でキメを整える)

1516581050446

ツノが立つくらいしっかりとしたメレンゲを作ります。
卵白を冷やしておくと泡立ちやすいです。また、ボウルやハンドミキサーに油などが付着していると泡立ちにくくなるので注意です。





【手順⑤】
・生地にメレンゲを3回に分けて加え、混ぜ合わせる。
 1回目はしっかりと混ぜ合わせ、2,3回目は底の方から切るように全体を混ぜるようにする。

1516581073717


1516581148759


1516581229427





【手順⑥】
・生地が出来たら型に流し込み、170℃のオーブンで32分焼く。
 焼きあがったら型のまま逆さまにして冷ます。粗熱が取れたら型から外す。
 
1516581334305

生地を流し入れたら、高いところから2,3回くらい落として空気を抜きます。

また、シフォンケーキを焼くときは型に油は塗りません。
油を塗ると生地離れがよくなるのですが、焼成後に萎んでしまうほか膨らみにくくなります。
そのためシフォンケーキは油を塗らないのが基本です。



焼き上がりはこんな感じ。
1516583222385

今回は32分でしたが、オーブンによって多少違いがあるので焼け具合を見ながら調整してください。
表面を焦がさず、綺麗な焼き上がりにするために32分がベストでした。



その後、ワインのボトルなどに型を差し込んで逆さまにして冷まします。
1516583277552

アラネトゥが取れたら型から外して完成です。



見栄えを気にする方は上の部分を切って、底の部分が上側になるようにすると綺麗です。
1516600431482




今回は、ノンウェットのパウダーシュガーを振って、生クリームをつけあわせてみました。
1516601250251

スプーンをガスコンロとかで温めてから生クリームを綺麗な形に盛り付けるアレをやりたかったのですが少し緩くてできませんでした←





【補足】
牛乳ならしっとり濃厚水ならあっさり軽めな仕上がりに。
生地が冷えないようにする。必要なら湯煎で温めて。




【総評】★★★★☆
かなり理想的な完成度になりました。
ココアは20g使用しましたが、思い切って25gくらい入れてもよかったかもしれません。

シフォンケーキ特有のふわふわ感は残しつつ、しっとり濃厚な口当たりはガトーショコラを彷彿とさせます。蒸しパンにも似た感じです。

型さえあれば焼き時間込みで1時間かからずにできるし、とても簡単です。
バレンタインのプレゼントには向かないかもしれませんが、何人かで集まってワイワイやる時なんかはいいんじゃないですかね?





ごちそうさまでしたっ!
無題35




クリックお願いしますぅ...
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ